2009年04月30日

ライゲート

さぁ、判決が下されたライゲートの詳細です。

マクラーレン・メルセデスは29日、
世界モータースポーツ評議会(WMSC)の臨時総会に招集されました。



今回の"ライゲート"騒動は以下の出来事がきっかけでした。

シーズン開幕戦オーストラリアGPの終盤、セーフティカーが導入時に
トヨタのトゥルーリがミスを犯してワイドにふくらみました。
トゥルーリの後ろを走っていたマクラーレンのハミルトンは
トゥルーリをパスしたもののチームに対して、
セーフティカー導入中に『あり』な動きだったかを確認します。

確信のないハミルトンは
トゥルーリを元の位置へと戻すために減速しましたが、
最終的にレース・スチュワードは
トゥルーリがセーフティカー導入中に
コース上で他のマシンを追い越したと判断、
3位でフィニッシュしたトゥルーリに対して
25秒加算のペナルティを科しました。
これによりトゥルーリは12位まで順位を落とします。

このスチュワードとの面談で、
ハミルトンとマクラーレンのスポーティングディレクター、
デーブ・ライアンは、
 ハミルトンが意図的にトゥルーリに先を譲ったことはない
と明言したのです。

数日後...
マクラーレンの無線でのやり取りがその逆を証明。
トゥルーリの3位が復活し、
ハミルトンはオーストラリアGPのリザルトから除外されました。


ハミルトンと共にスチュワードのヒアリングに同席した、
スポーティングディレクターのデーブ・ライアンは
4月3日付けで停職処分に科されました。
その4日後にWMSCから召還された後、
チームはライアンを解雇しています。


一方のハミルトンは、ライアンに"ミスリードされた"と主張。
メディアに対して謝罪してまわったものの、
ディフェンディングチャンピオンが故意に
スチュワードに嘘をついたことは不愉快な出来事となりました。



さてFIA/WMSCの発表には、次の通り記載されています。

  マクラーレンのチーム代表、マーティン・ウィットマーシュ氏の
 WMSCに対する率直かつ誠実な対応、および彼が明かした彼の組織に
 おける風土の変革を考慮し、WMSCは一時的な出走停止が適切なペナ
 ルティに値すると判断した

  このペナルティは同チームをFIA F1世界選手権の3レースに出走
 停止とするものである。これは本件に関してさらなる事実が明らか
 となった場合、あるいは先の12カ月のうちにチームが国際競技規約
 第151条cを不履行した場合に適用されるものである。



3レース出走停止、執行猶予12ヶ月という判決、
前にも書いたとおり、
昨今のマクラーレンの必死のアピールが実を結んだ、
と判断するべきでしょう。

とりあえずはしばらく、20台出走のレースが約束されてよかったです。
(^^)
posted by Ken at 21:02| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

STAR WARS THE CLONE WARS

最近、欠かさず見ているアニメが二つあります。
その内の一つが...

250px-TheCloneWars-logo.jpg

EpisodeUとVの間のストーリーのアニメ映像化です。
まぁSTAR WARSファンは皆さんご存じでしょう。(^^)


でも放映されているのは日本語吹き替え版。
当然と言えば当然なのが、
クローン兵とバトル・ドロイドの吹き替え。
それぞれ1人で全員の声を担当しています。

バトル・ドロイドは声自体にエフェクトがかかっていて、
無機質な喋りなのでまだいいとは思いますが、
クローン兵は1人1人の性格が違うので大変だと思います。


NHK BSハイビジョンでの放送というのも、気に入っています。
時間のある方、毎週火曜 午後7時00分〜7時25分、見てね!
あと17話ありますよ!(^^)
posted by Ken at 04:31| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

2009 F-1 バーレーンGP決勝

2009Bafinal.jpg

トヨタの優勝、まだ甘いですね。
確かに今までとは全く違った展開で、マシンも文句ないし、
最高の結果はすぐ目の前です。

でも戦略的な甘さが大きいように昨日のレースは見えました。

やはりブラウンGPには追いついてないようです。


それにしても...
中島は、「運がない」と一言で言っていいものかなぁ...
あまりにも、不運が過ぎます。
沖縄だったら絶対『御願不足』と言われそう...(^^;;


さぁフライアウェイの一ヶ月が終わり、
二週後はヨーロッパラウンドのスペイン、バルセロナ。
この二週間で各マシンがどこまで煮詰められるか期待しつつ、
しばしF-1はお休み...(^^)
posted by Ken at 21:00| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

2009 F-1 バーレーンGP 予選 & more...

伝統の強者がいない
という完全予想外の展開になっている今年のF-1。

ライゲートの諮問会は今月29日。
結果次第によっては1チーム、
スターティンググリッドにつけなくなるかも知れません。
昨年のチャンピオンが走れなくなるかも...

まぁ最悪を考えればキリがないわけですが、
事件後のマクラーレン・メルセデス内部の人事を見てると、
グリッドに残るために必死で、
ドライバーのハミルトンと共にアピールも超必死のようです。

ですが、この記事...

自体は深刻です。
親会社からノーと突きつけられれば、努力は完全水の泡です。

またこの中では言及されていませんが、
この記事はエンジン・サプライヤーのメルセデス、
その親会社のダイムラー社の話。
エンジン・サプライヤーとして
ブラウンGPとフォース・インディアに提供している現状も含め、
F-1界全体に大きな影響を与えるのは間違いないでしょう。
心配だなぁ...


さて昨日の予選。
2009BaQ.jpg

トヨタやりましたね。
東京中日スポーツ紙の一面を飾ってました。(^^)

でも喜んでばかりもいられません。
予選終了後、予選トップのトゥルーリは
 ブレーキペダルがどんどん遠くなっていって、苦しかった。
 思うようにブレーキングできなかった。
とコメントしています。
決勝までに修正できるか、要注意です。

2009BaQ_W.jpg
決勝スタート時の重量を見ると、
上位7名は3ストップ作戦の可能性がありますね。
トヨタはほぼ間違いないと思われます。
軽量マシンでスタートして逃げ切れるか、注目です。

一方、フォースインディアのスーティルは、
予選Q1でレッドブルのウェーバーの走行を妨害したとして
ペナルティを科せられました。
スーティルは3グリッド降格のペナルティで、
決勝は19番グリッドからのスタート。
ウェーバーは18番グリッドからのスタートとなります。


さて、私の大好きな赤のマシン。
今シーズン初めて二台揃って予選の最終まで残りました。
8・10番手と出遅れた感はありますが、
ここで昨日の予選で計測された三つのデータを...
2009BaQ_S1.jpg2009BaQ_S2.jpg2009BaQ_S3.jpg

計測器通過時の瞬間スピードとはいえ、
フェラーリのパワー的な部分では劣っていないと思います。
空力や細かいマシンバランスなどなど、様々な要素が考えられます。
伝統だけで戦える世界ではないのは分かりますが、
今までの経験も生かし、これからの挽回に期待したいですね!


さぁバーレーンGP決勝は、
このあと日本時間21時スタートです!
posted by Ken at 17:14| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

2009 F-1 中国GP決勝

雨...ずーっと雨

こんな日は作戦もクソもありません。
圧倒的にトップが有利になるし、
後方はサバイバル戦となります。
その証拠がイエローフラッグ & セーフティーカー。
おかげで今回も2時間ルールギリギリに結果が出ました。(^^;;

さて結果
2009Chfinal.jpg

ヴェッテルはミハエル・シューマッハのドイツ人後継者、
あとは目覚めるのを待つだけ、とよく言われてましたが、
まさに今日のレースは天晴れでしたね。

やはり今回も荒れたなぁ...

この調子だと来週は砂嵐か?(核爆)


最後に...
今回、1−2フィニッシュを決めたレッドブル。
各会場で毎回プレスリリースを新聞のような形で発行しており、
取材力や文章の面白さから好評を博しています。
さて、おめでたい本日のレース終了後の表紙は以下の通り。
RB_GY_WINGS.jpg

[GIVE YOU WINGS]はレッドブル社のコピーで、
それをもじっています。
うれしいだろうなぁ〜(^^)
posted by Ken at 23:59| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009 F-1 中国GP 予選 & more...

前回のマレーシアGPのあとのF-1界。荒れました。

まず、マクラーレン・メルセデス。
オーストラリアGP終了後の嘘証言事件。
報道では『ライゲート(lie-gate)』と呼ばれています。
#ウォーターゲート(Watergate)事件以来、
#疑惑事件は『〜ゲート』と言われます。

マクラーレン・メルセデスのデビッド・ライアンは解雇。
ハミルトンは沈黙を保っているというか、
マスコミに対する疑心暗鬼状態の様な感じで、
記者会見でもそっけないどころか、
チームに対する忠誠心も今まで順非常に弱いコメントをしています。


続いてディフューザー(前にリフューザーと表記しました)。
一応、決着したんでしょうね...(^^;;

FIA国際控訴裁判所はディフューザーは合法と判断して、
フェラーリ、レッドブル、ルノーの控訴を棄却しました。
BMWザウバーはまだわかんない。(爆)

でもルノーのフラビオ・ブリアトーレは、
ブラウンGPチームだけでなく、個人に感情的発言を繰り返しています。
ま、これは無視していいでしょう...今の段階はね。(^^)


さて今回の中国GP、
早速大幅なマシンの改良などに各チームが取り組んでいます。
一番大きいのはKERS。
ルノー、フェラーリは使用しない見込み。
KERS導入で難しくなるマシンバランス。
せっかく合わせてきたのに、外してしまうとまたきつい!
フェラーリは特に苦戦しているようです。

逆にBMWザウバーのクビサはKERS導入。
金曜日に色々とテストしたようですが、
結局、週末は使わないようですね。


もっとも改良したのはルノーのアロンソ。
先ほど書いたとおりKERSを取り外しただけでなく、
なんと控訴していた、あのデュフューザーを装着したのです。

あれ!?
チームの監督(フラビオ・ブリアトーレ)は
デュフューザーに怒ったのではなさそうですね。(苦笑)

さてさて予選結果です。
2009ChQ.jpg

今年は様々な異変に見慣れた感がありますが、
今回も一見『?』、ですよね?

参考までに、今年よりFIAより発表されている、
予選終了後のマシン重量が以下の通り。
2009ChQ_W.jpg

予選順位の上位トップ3の軽さが目立ちます。
デュフューザー装着のアロンソは
身軽な状態での逃げ切りを図る作戦でしょうか?

決勝まであと1時間。
ちょっと各チームの作戦に注目して観戦しましょう!
posted by Ken at 14:51| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

大先輩に再会

昨日は営業でヤンバル周り。
名護より北は行かなかったのですが、
自身の清明祭も兼ね、駆け込みも含め有意義な時間でした。

その途中、前日に約束を取り付け、
数年ぶりに大先輩に会うことができました。
その方は佐渡山豊

豊さんとは『日付変更線』というラジオ番組を担当したのが
直接的なきっかけでした。

それまでは
 ちょっと怖い...(爆)
 近寄りがたい...(核爆)
と、まぁ独特の豊さんオーラについていけない雰囲気でした。

ですが番組担当となったからにはやるしかない!
いつもの「ウシェーテル(ウチナー方言)(ふてぇー)」態度で接して、
数年間、ディレクションしてました。
もちろん、何度も怒られましたが、(^^;;
これも、持ち前の脳天気さで乗り切り、
色々と豊さんにガンマリ(いたずら)するぐらいまでに至りました。

豊さんは復帰前に青春真っ盛りの世代。
私とはまさに一時代違うわけですが、
共感できる事が多かった印象があります。
#私が勝手に思ってただけかも知れませんが...


そんな豊さんとフリーになって初めて(本当は二回目)お会いしました。
いつもの陽気な豊さん。

握手ではなく、ハグしていただきました。

時間を飛び越えて、沢山の話に花が咲きました。

番組や曲の話だけではなく、初めてビジネスの話もしました。

小一時間の予定が大幅にオーバーしました。

あっという間なんですよね、こんな楽しい時間って。(^^)
ある意味、初めて対等にお話ししたような気がします。


さて私の当初の目的は『うちな〜時間』の5月のパワープレイ。
豊さんの今年初めてのアルバムを取り上げます。
#だいぶ遅れましたが...f(_ _;;

時間のカケラ~Fragment of the time~
佐渡山豊
ポニーキャニオン (2009-01-21)
売り上げランキング: 200176



このアルバムの私の感想は
 大人になったなぁ〜、豊さん!(爆)

ちゃんとご本人にも伝えると、「だろぉ?」と笑ってました。(^^)

5月の『うちな〜時間』は、
このアルバムから一曲、Montly Power Playとしてお届けします。
お楽しみに!!
posted by Ken at 20:20| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

富士山静岡空港

来る6月4日、富士山静岡空港が開港します。

この私のブログ左側には私の活動状況を書いてますが、
『うちな〜時間(タイム)』という番組が、
静岡県の島田市に昨年開局したFM島田(g-sky 76.5)と、
同じく静岡県浜松市のFM Haro!にて放送されています。

この番組は沖縄の文化・風習・観光などの各情報を、
沖縄音楽を交えながら進めていく1時間のプログラムです。

実はこの富士山静岡空港開港を見据えての番組で、
はやばやと就航が決まっていた[静岡ー沖縄]線を使って、
  沢山の方に沖縄に興味を持ってもらおう!
  そして、来ていただこう!
という目的で昨年10月より始まりました。

話す言葉もウチナー(沖縄)風をあえて消さずに使っています。
是非とも沖縄行きの下準備で使っていただきたいプログラムです。


さて、この空港開港にあたり、
この度、私、
静岡行きが決定いたしました!

6月4日(木曜)の就航第1便にて静岡入り、
8日(月曜)に沖縄に帰ってきます。
その間、『うちな〜時間(タイム)』の生放送も現地で計画しています。
FM Haro!の再放送はどうなるのか、という細かいことはこれから。

とにかく、沖縄からむさ苦しいのが1人行くので、
生放送など檻の中(スタジオとも言う)の私を、
怖いもの見たさで観に来ていただけたらなぁ〜とか思っております。
(_ _)


また、PPJの静岡な方にもお会いしたいですね。
早めのスケジュール確保で自由時間も増すと思いますので、
直接・間接問いませんのでご連絡下さい。
...m(_ _)m...



それにしても、美味いものずくしの静岡...
今回は何を食べよう...
しらす...桜エビ...お茶...それとも今はやりのB級グルメ!
mmm.....痩せんな...(- -;;

posted by Ken at 19:53| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

2009 F-1 マレーシアGP決勝

最終更新

2009Mafinal.jpg

コメントしようがないレースでした。
一概にウェザーコンディションのせい、と私は思いません。
今日のレースは人災です。
その証拠がこの記事

最近のヨーロッパの視聴率だけを気にした運営、
これがもろに影響したわけです。
熱帯特有の夕方のスコールは容易に予測できたわけで、
アジアやオーストラリアの各開催地に圧力をかけている
バーニー・エクレストンが悪い!と言い切ってもいいのでは?
と私は思っています。

F-1界は今年のレギュレーションに取り入れられたKERSのような、
エコに対する取り組みを打ち出していますが、
シンガポールのようなナイトレース開催を求め続けています。
ナイター設備にかかる費用だけならまだしも、
開催にあたっての二酸化炭素排出量などはどうなんでしょうか?
ちょっと納得のいかなかった部分が、
今回のマレーシアGPでは、全く違う観点で弊害が出たわけです。


さて、話がそれましたが、
今回のドライバーズ・コンストラクターズ(チーム)の各ポイントは
半分が与えられるので、小数点単位で配分されます。
#ややこしい...(^^;;


次戦は二週間後。
もっと北上して中国、上海で行われます。
コースの形自体が『上』という漢字をモデルにしたデザイン。

昨年は上海市の汚職事件などもあって、
ちょっとダーティーなイメージもありましたが、
今年はF-1自体の改革もあるので、
非常に面白いレースが期待できます。

最後に...
トヨタが予想以上に頑張ってるので、
あとはウィリアムズの中島に頑張って欲しいな!
(^O^)/


----------------
更新3
レースの全走行距離中75%を走った場合はレースが成立します。
しかし約60%程度しか走っていない今回は、
順位はそのまま確定、ポイントは半減となりました。
 1 バトン ブラウンGP
 2 ハイドフェルド BMWザウバー
 3 グロック トヨタ
 4 トゥルーリ トヨタ
 5 バリチェロ ブラウンGP
 6 ウェーバー レッドブル
 7 ハミルトン マクラーレン
 8 ロズベルグ ウィリアムズ


----------------
更新2
スチュワードから発表がありました。
 このレースはリスタートしないでしょう。
様々なルールがある中で、今回の場合、
 二時間以内に終わらないといけない、
ということで、中断のまま終わることになりそうです。

順位・ポイントなどの結果は私もルールを調べなおした上で、
正式に書きますね。

----------------
スタートしてから約1時間
全56周で行われるレースは、未だ33周目。

なんと熱帯特有の大雨、レッドフラッグ中断中(^^;;


こういう時は地上波での中継時に、
どのような編集をやってくれるかを楽しむ、
という観賞法もあります。(爆)

2009M-1.jpg
posted by Ken at 19:38| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009 F-1 マレーシアGP 予選

2009MQ.jpg

フェラーリ、作戦もたてられなくなったのかなぁ...(- -;;
マッサは予選をなめた結果で、
彼がピットに戻った後、急激にコース状態がよくなり、
あれよ、あれよという間にタイムを塗り替えられてのこんな順位。
私はフェラーリという名前に泥を塗ったと思うぐらいの失態です。


ちなみに
 レッドブルのベッテルは10グリッド降格、
 ブラウンGPのバリチェロはギアボックス交換のため5グリッド降格
ということで、それぞれ13番グリッド、8番グリッドからのスタート。
それによりトヨタのグロックは3番手スタートの予定です。
posted by Ken at 04:59| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009 マレーシアGP...そ・の・ま・え・に!

先週のオーストラリアGP。
トヨタのトゥルーリ、ペナルティが取り消し、三位が確定しました。

な、なんと!
マクラーレンのチームマネージャー、デビッド・ライアンが、
ハミルトンに口裏合わせを指示。
オーストラリアGPのスチュワード(審判団)に嘘の証言をします。
これがマクラーレンチームの無線ログにより証明され、
トゥルーリへのペナルティは取り消し、
マクラーレンチームは失格となりました。

コバライネンはリタイヤしていた為、あまり関係ないですが、
ハミルトンはそのまま失格となります。


失ったものは大きく、ハミルトンの母国イギリスの新聞各紙は、
昨年のワールドチャンピオン決定時同様に、
『嘘つき』呼ばわりの取り扱いで、
ハミルトンに対する大パッシングが起きています。


何もコメントのしようがない、どうしようもないニュースです。
(- -)
posted by Ken at 04:38| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。