2009年03月30日

2009 オーストラリアGP 決勝!

2009OZfinal.jpg

これだから見逃せないし、はまっちゃうF-1。

好きなフェラーリに関しても、マクラーレンにしても、
トップチームのこれからの対応が非常に楽しみです。

KERSもシステムの将来性はしっかり感じることができたし。


映像では3位に入ったトヨタのトゥルーリ。
レース終盤にセーフティカーが出ていたのに、
マクラーレンのハミルトンをオーバーテイクしたと判断され降格。
おかげでトゥルーリは決勝タイムに25秒加算ペナルティを受け、
3位表彰台から12位へ降格し、ノーポイントとなりました。
変わりにハミルトンが棚ぼた表彰台です。

さすがに予選から納得いってなかったのでしょう、
トヨタは控訴しています。


またペナルティはそれだけじゃありません。
BMWザウバーのクビサと接触し、
セーフティカーのきっかけを作ったレッドブルのベッテルは
次のマレーシアGPで10グリッド降格、
さらにレッドブルには5万ドル(約490万円)の罰金となりました。

痛いねぇ...私的にも「だめじゃん、ベッテル」でしたが。(^^;;


最後に...
どちらにしてもディフューザー問題の解決次第では、
今回のオーストラリアGPの結果自体も変わる可能性があります。
1-2フィニッシュのブラウンは、ディフューザー問題の中心ですから。
揉めるのだろうなぁ...


さて、このF-1関連の記事、専門用語が飛び交いますが、
分からないルールや用語等はコメントに書いてください。
分かる範囲内で説明します。
よろしく!(^^)/
P.S. カジさん、コメントの後に回答してますよ。(_ _)
posted by Ken at 01:30| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

2009 F-1 AussieGP 予選続報

予選タイムを直後に書きました。

やはりKERS搭載マシンが遅いですね。
ルノー・フェラーリ・マクラーレン・BMWザウバー
以上4チームがKERSを使用していますが、
最高はフェラーリのマッサが7番手で最高となっています。

気になるのはBMWザウバー。
クビサが4位、ハイドフェルドが11位。
これはクビサのマシンはKERS非搭載なのです。
もちろんドライバーの技量の違いはありますが、
それでもここまでの差はねぇ...やはりKERSの重量増のせい?


さて続報です。
予選二回目に進出するも、
結局ピットから出ることもできなかったマクラーレンのハミルトン。
ギアボックスのトラブルでした。
ギアボックスは4レース連続使用のレギュレーションなので、
このギアボックスを交代するハミルトンは5グリッド降格となります。


もう一つ、予選失格というか、予選結果除外チームが出ました。
それはトヨタ。
アッパーリアウィング(後方ウィングの上の羽)が、
フレキシブル(動く)状態で、レギュレーション違反となったのです。
各ウィングには強い風圧がかかりますが、
現在のレギュレーションでは厳密に動かないこと、となっていて、
トヨタのマシンは必要以上に『たわむ状態』だったようです。

これによりトヨタは二台とも最後尾スタートとなります。

最終的な明日のスターティンググリッド順は、下記の通りです。

2009Q.jpg
posted by Ken at 05:32| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

2009 F-1 オーストラリアGP

久々のF-1ネタなので長文です。(_ _)


大変革の2009年、波乱の予感たっぷりのF-1

(取って付けたような)ウィングの禁止や、スリックタイヤの復活。
KERSという新しいシステムの導入など、
一つ一つ確認しないと訳がわかんなくなっちゃうぐらい。


ウィングに関してはレギュレーション解釈の違いで
早くもチーム間で揉めています。
リアウィング下部にあるリフューザーと言われるパーツで、
これを導入したチームが実際速いものだから、しょがないよなぁ〜。

まぁ見た目にも昨年までのスタイリッシュなシャシーからは、
考えられないほどの寸胴さ。でも見慣れました...(^^;;


空力効果減少が目的のウィング規制でしたが、
まさに『アメとムチ』でアメに当たるのがタイヤ。
スリックタイヤ復活でグリップ力は増します。
タイヤ表面はまるでガムーテープの接着面の様だとか...。

KERS(Kinetic Energy Recovery System)とは、
減速時の熱エネルギーを回収して、
機械的または電気的エネルギーとして貯蔵、再利用するシステムです。
ブレーキは運動エネルギーを、熱エネルギーに変換して減速します。
それを利用するものがKERSなのです。

KERSはリアブレーキのみで、
1周あたり約6.7秒間、80馬力のパワーを利用できます。
ラップタイムにすると0.3秒〜0.5秒の短縮が可能だとか。

デメリットとしては、約35kgの重量増。
ましてや車両後方の、重量配分的には
決して理想的とはいえない場所に配置しなければなりません。
その結果、重量配分と低重心化が大きな問題となります。
ドライバーも大柄な人は不利、と言われるほどです。
#実際、ドライバーのダイエットがニュースになってました。(苦笑)

もう一つは感電。
昨年、あるチームのスタッフが走行後の車体に触れて、
感電してひっくり返った、というニュースもありました。
レース中、事故を起こした車両からのドライバー救出時、
オフィシャルが車体に触れることができない事も考えられます。


これだけでも波乱を感じるでしょ?
というわけでオーストラリアGPの予選結果です。

2009OGGP.jpg

見ての通り、荒れてます!
ブラウン・ウィリアムズ・トヨタの三チームが、
先に書いたディフューザー疑惑のチームです。
ささっ、明日が楽しみです。

またしても、
地元のCX系TV局が予選を中継しないのが腹立たしい...ちっ(怒った顔)
posted by Ken at 17:59| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

戻って参りました

とタイトルを付けても
決して何処かに行っていたわけではなく、
ただただ忙しかったというか、
いつも頭の何処かがフル回転している日々が
続いていたわけでして、
そこからやっとこさ、抜け出してきたとこです。


高校入試、お陰様で全員、一次募集で合格しました。
彼らの終盤のがんばりは私の誇りです。
#最初からやっとけばそこまでは...(苦笑)


映画の撮影にも関わってきました。
今年秋頃全国公開予定のクドカン脚本作品。
非常に体力を消耗しましたが、
後頭部ぐらいは映っていることを祈りつつ...
竹内結子さん、綺麗でしたぜ...>旦那
#って誰やん!


で、今は春期講習です。
新中1がいません。
もちろん、中2・3年生ももっと欲しいです。
港川中校区に親戚のいる方、是非ともご紹介を!
...m(_ _)m...



で、今日からF-1サーカス第一戦、
オーストラリアGPが開幕しています。
今夜か明日中にそれについて書きますね。f(_ _;;

それまでにこのサイトを見て予習するように!
posted by Ken at 21:09| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。